FC2ブログ

--年

--月 --日

--時--分

- 件のコメントを見る / 書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -件

2016年

02月 29日

21時22分

0 件のコメントを見る / 書く

28年2月28日の狩り部

28年2月28日
クリボス×2回です。

参加人数は4名でした。パーティー構成はテイマー二人、メイジ一人、私は白豚です。
クリボスは攻撃力が高く近接戦闘は結構危険な為、今まで白豚で参加したことはほとんど無かったと思います。
危険な分攻撃力が高く、クリボス一匹あたり15分ほどで倒せました。
人数の割には早いと思います。

ちょっと気が付いたのですが、ボスエリアに飛んですぐに名誉を取ろうとしてもクリボスのHPが満タンでは無いため、名誉が取れないのです。
ほんの数秒逃げていたらHPが満タンになり、名誉が取れるようになりました。
これって、1ポイントシステムが働いているんじゃ無いかな。

戦利品はAFは出なかったものの、クリボスの置物とか、高レベルのタリスマンとか、マスタリーの書ボリュームⅡなど、結構良い物も出ました。

書いた人:ccc
スポンサーサイト
Comment 0件

2016年

02月 22日

19時14分

0 件のコメントを見る / 書く

28年2月21日の狩り部

28年2月21日
酸ボス×2回です。

今回は6名も集まりました。
多少の死人も出ましたが、楽勝です。
特筆することは無かったですね。
ボリューム1のマスタリーの書が2冊出ました。その他、大したものは出ませんでした。

狩り部では、基本私が鍵を集めている為、酸ボスの鍵を持っている緑のデーモン(Putrefier)と戦ったことのない人はいませんか?
こいつはかなりの強さで、装備を完璧に整えて行く必要がありますが、戦ったことのない人は是非一度戦って欲しいですね。
ブラッドダンジョンに湧く、balron daemonのパラゴンを更に強くした感じです。
balron daemonのパラゴンを簡単に倒せるようになったら挑戦してみましょう。

書いた人:ccc Comment 0件

2016年

02月 08日

20時27分

0 件のコメントを見る / 書く

28年2月7日の狩り部

28年2月7日
スラッシャーです。

一応、スラッシャーを倒せるギリギリの人数と思っている4名が参加しました。
二人が近接戦士、一人が弓戦士、一人が神秘メイジです。
いやーみんな死にましたね。戦士の三人は何度も全滅しています。
メイジの方は蘇生に忙しかったでしょう。
私は包帯とヒールポーションを持って行ったので、結構隕石に耐えられましたが包帯を入れていない戦士は高確率で死んでしまいました。

スペシャルムーブのフェイントは使えないか?との質問がありました。
硬直中はフェイントを発動することができないし、硬直寸前に発動できても隕石の落ちてくる時間は結構長いので、フェイントの恩恵を受けるのはちょっと無理だと思います。
しかし硬直させられる前に、高いHPを維持するためには使えます。

私の場合、硬直させられたら包帯を巻く→HPを見つつヒールポーションを使う→包帯を巻き終わり、すぐに2回めの包帯を巻く。
2回めの包帯が巻き終わった頃に硬直が解けますので、走って逃げます。

硬直した瞬間のHPが満タン近いならば、だいたいこれで耐えることができます。
HPが半分位だとほぼ死にます。ですから硬直する前の態勢作りが重要なんですね。
スラッシャーを攻撃している時に、大きなダメージを受けたり毒に侵されたら一旦離脱して回復します。
ああ、それと硬直中でもスラッシャーはPCを攻撃してきます。
スラッシャーの攻撃を躱せたら良いのですが、隕石とスラッシャー本体から同時に攻撃を食らったら、HPが満タンでも死んでしまうので、ここは運次第ですね。

倒すのにちょうど1時間かかりました。

書いた人:ccc Comment 0件

2016年

02月 01日

18時34分

0 件のコメントを見る / 書く

28年1月31日の狩り部

28年1月31日
ベドラム×2回です。4人参加しました。

結構死にましたね。
ボスがばらまく酸が以前より広く撒かれているとの意見がありました。今後も観察していきます。

2回目ボスエリアに入ったら、すぐにGドラがターゲットされました。
そのため、名誉を取る前にGドラがベドラムに攻撃してしまい、名誉が取れなかったです。
なるべくなら、ボスエリアに飛ぶときは全員インビジで移動したほうが良いですね。

特に良い戦利品はありませんでした。

書いた人:ccc Comment 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。